住宅建築でのローン返済期間について

住宅建築でのローン返済期間について、説明します。

住宅建築の際には、その資金を確保するため、住宅ローンを組みことが多いでしょう。

しかし、住宅ローンは、できるだけ返済期間を短めにして組むこと、が大切です。

理想的には、退職するまでに返済が完了すること、です。

ローン返済は家計の収支に多大な影響を与えるので、子供の進学時期、車の購入計画、退職時期、など、今後の人生のイベントを想定した上で、ローン返済計画を立てる必要があります。

例えば、当面の出費がかさむ場合は、ローン返済期間を長めにすることで、当面の返済額を低めに抑えることができます。

また、少し長めに返済期間を設定しておいて、子供の教育費がかからない時期や、夫婦共働き期間などに、繰上げ返済を行なって返済期間を短縮して、最終的には退職時期までに返済を完了する、といった返済計画も良いでしょう。

なお、ローン返済の途中で、返済期間を延長するのは難しいことが多いので、長い目で見て無理の来ない様に、返済期間を決めましょう。